名称

(第1条)この会は「大山ブランド会」と称する。

目的

(第2条)大山ブランド会は、大山の恵みを頂戴し食品を製造する業界、それを流通する業界や団体等を中 心に「“大山”を食べて!知って!来ていただく!」をテーマとして、大山の更なる認知度向上、ひ いては観光促進の為に、一致団結し、大山ブランド食品で大山圏域を盛り上げ、地域経済の活 性化及び地域生活の向上に寄与することを目的とする。 

事業

(第3条) 大山ブランド会は、前条に規定する目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. 大山ブランド食品に関する調査研究事業
  2. 大山ブランド食品に関する普及啓発事業
  3. 大山ブランド食品に関する情報提供事業
  4. 大山ブランド食品を通じた交流活動事業
  5. その他大山ブランド会の目的を達成するために必要な事業
構成

(第4条) 大山ブランド会は、大山ブランド会の目的に賛同する個人並びに法人及びその他の団体である会員をもって構成し、会員の種別は次の通りとする。

  1. 個人会員(目的に賛同する個人)

  2. 法人会員(目的に賛同する法人及びその他の団体)
役員

(第5条)大山ブランド会に、次の役員を置く。

  • 会長 1名
  • 副会長 若干名
  • 幹事 若干名

2.会長は、総会において選任し、他の役員は会長が指名する。

役員の職務

(第6条) 会長は大山ブランド会を代表し、会務を総理する。

2.副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはあらかじめ会長が指名する副会長がその職務 を代理する。

3.幹事は、大山ブランド会の目的を円滑に進めるため、必要な業務を執行し、かつ大山ブランド会の会計を監査する。

役員の任期

(第7条)役員の任期は、一年とする。但し、再任を妨げない。

2.役員に欠員が生じたときは、その後任の職にある者をもって充て、その任期は前任者の残任期 間とする。

3.役員は、辞任又は任期満了の場合においても、後任者が就任するまではその職務を行わなけ ればならない。

総会

(第8条)通常総会は、毎年一回会長が招集する。但し、会長が特に必要と認める場合は、臨時総会を招集することができる。

2.通常総会は、事業計画、収支予算、規約等の改正その他大山ブランド会の活動に関する重 要事項について審議する。

3.臨時総会は、特に必要とする事項について審議する。

4.総会においては、会長が議長となる。但し、会長及び副会長が欠席の場合は、あらかじめ会長 が指名する者が議長となる。

5. 総会の議決は、出席者の過半数をもって決する。賛否同数のときは、議長がこれを決する。

役員会

(第9条)役員会は、定期的に会長が招集する。

2.役員会は、事業計画進捗、収支予算進捗、その他大山ブランド会の活動に関する事項について協議する。

3.役員会の活動状況については、総会で報告する。

顧問及び大使

(第10条) 大山ブランド会に、顧問及び大使を置くことができる。

2.顧問及び大使は、会長が委嘱する。

3.顧問及び大使は、総会及び役員会において意見を述べることができる。

事業年度及び会計年度

(第11条)大山ブランド会の事業年度及び会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

経費

(第12条) 大山ブランンド会の事業を行うための必要経費は、会費、協賛金その他の収入をもって充てる。

2.大山ブランド会の会費については、別に定める。

3.大山ブランド会の協賛金については、別に定める。

事務局

(第13条) 大山ブランド会の事務局は、鳥取県米子市角盤町1-27-6アルファビル内に置く。

2.事務局に、事務局長一名及び事務局員若干名を置く。

3.事務局長は、会長が指名する。

その他

(14条)この規約に定めるもののほか、大山ブランド会の運営に必要な事項は、会長が別に定める。

附則

この規約は、大山ブランド会の発足日の平成29年6月2日から施行する。

2.大山ブランド会の発足当初の事業年度及び会計年度は、第11条の規定にかかわらず、発足日から平成30年3月31日までとする。
3.第10条の「顧問」を「顧問及び大使」に改定し平成29年8月10日から施行する。
4.第8条の「会長が議長」を「会長もしくは会長が指名する者が議長」に改定し平成30年5月23日から施行する。

 

平成30年5月23日

大山ブランド会 会長 杉原 弘一郎


《大山ブランド会 事務局》
〒683-0812
鳥取県米子市角盤町1-27-6 アルファビル4F
TEL 0859-21-7811 / FAX 0859-21-7812
事務局長 宇田川 正樹